毎年、春になると花粉症に悩まされるという方も多いでしょう。そんな方におすすめなのが、べにふうきです。これをお茶にして飲むのです。日本に昔からあった品種「べにほまれ」にダージリンを交配して作られた品種で紅茶用として誕生したお茶です。これを発酵させることなく緑茶用として飲むようにしたところ、花粉症によい効果があることが分かったのです。発酵するかしないかで違ってくるのがメチル化カテキンという有効成分。これを体内に取り込むことができるのがべにふうきの特徴です。花粉症だけでなくアトピーなどのアレルギー反応抑制にもおすすめです。毎日の飲み物をこちらに変えてやればよいだけなので簡単です。ただ、実際に飲もうと思った場合に、どこで手に入れることができるのでしょうか。

メチル化カテキンの効果効能について

花粉症の方の場合、花粉をアレルゲン物質と思ってしまい、それを排除するためにIgE・免疫グロブリンE抗体を作り出してしまいます。その結果、防御反応としてヒスタミン・ロイコトリエンといった炎症を起こす物質が分泌されさまざまな症状が起こるのです。メチル化カテキンにはIgE抗体を作り出す働き・炎症物質を作り出す働きを抑制する効果があるのです。また、ポリフェノールの一つであるストリクチニンというタンニンもまた含まれていますが、こちらもIgE抗体が作り出すのを抑制してくれるのです。普通のお茶同様に茶カテキンも含まれているため、抗酸化作用もあります。緑茶ではなく紅茶用とされたのはカテキン含有量が多く紅茶では飲みにくいから。その分、効果は高いでしょうし、牛乳やしょうがを混ぜることで多少は苦味も緩和されます。

どこで手に入れることができるのか

茶葉の交配により作り出したときには、すぐに紅茶輸入の自由化が進み幻の品種として忘れ去られることになりました。しかしながら、最近では、その効果効能が広まってきたので生産量も増え、全国的に行き渡ってきています。花粉症の季節になればスーパーでも手に入れることができるでしょう。近場で見つからないという場合には通販サイトを利用するのもおすすめです。同じべにふうき茶でも、茶葉のタイプや粉末タイプとさまざまです。飲みやすいようにとしょうがの入ったタイプもありますし、お茶ではなくその成分の入った飴も売られています。好みに合わせて選ぶようにしましょう。スティックの小分けタイプならカップに入れてお湯をそそぐだけでできあがりです。職場など持って行くのにも便利です。