花粉が飛ぶ季節になると、くしゃみ、目のかゆみ、鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状で悩んでいる方も多いことでしょう。症状がひどくなると頭痛やだるさを感じることもあり、日常生活に支障が出てくることもあります。最近では花粉症の症状を抑える食品やサプリメントなどが色々と販売されていますが、その中でも近年注目されているお茶がべにふうき緑茶です。べにふうきとはお茶の品種のひとつで、もともと紅茶用として飲まれていましたが、近年の研究や臨床によって花粉症の症状を抑える効果があることがわかってきました。ただしその効果を得るには、紅茶ではなく緑茶として飲むことが大切です。なぜ花粉症に効くといわれているのか、紅茶ではなく緑茶として飲むのが良いのはなぜなのか、ご紹介します。

メチル化カテキンが炎症物質を抑えて症状を軽減します

花粉症の症状は、体を守るための免疫細胞が目や鼻、口から入った花粉(アレルゲン物質)を排除するための免疫反応です。体を守るための防御とはいえ、鼻水や目のきわのかゆみなど、どうにもならない症状が1日中続くのは本当につらいものです。近年注目されているべにふうきには、メチル化カテキンが豊富に含まれています。メチル化カテキンとは近年発見された新しい成分で、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす炎症物質を抑える高い働きがあるのです。このお茶を飲むことで、花粉症のつらい症状を緩和する効果があります。ただし、一般的な緑茶にはメチル化カテキンは含まれていません。また紅茶用として発酵されてしまうと、メチル化カテキンは無くなってしまいます。そのため、緑茶として飲むことが大切なのです。

ポリフェノールと茶カテキンでアレルギー反応を抑えます

べにふうき緑茶には、メチル化カテキン以外にも花粉症の症状を抑える成分が含まれています。もうひとつの成分は、ポリフェノールの一種であるストリクチニンというタンニンです。この成分には、花粉に対する過剰なアレルギー反応を抑える働きがあります。さらに、一般的なお茶に含まれている茶カテキンも含まれています。茶カテキンにはアレルギー症状を引き起こす物質(ヒスタミン)の分泌を抑える働きがあります。メチル化カテキンとのトリプルパワーで、花粉症の症状を軽減する効果があるのです。臨床試験では30分ほどで症状の軽減効果が感じられたという結果もあり、即効性があるということがわかっています。緑茶用は苦味・渋みが強いですが、最近では飲みやすく微粉末加工されたものも増えてきています。花粉症でお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。